titlebar_clueseminar.jpg

clueseminarph2.jpg広く一般の方を対象として、毎月「クルーセミナー」を開催しております。内容は月替わりで、クルーのメンバーのほか外部からも強力な講師陣を迎え、

●生命保険の入り方、見直し方
●住宅ローンの組み方、見直し方
●税、社会保障制度
●金融商品、資産運用
●金融・経済の動向
●リタイア前後のプランニング
●災害に備えるためのお金と保険の知識

など、マネーにかかわる幅広いテーマを取り上げています。

参加費は1回1,000円です。

クルーセミナー開催のご案内を希望される方は、LinkIconこちらからメールアドレスをご登録ください。




seminarbanner_Jul.jpg


titlebar_clueseminar2.jpg

clueseminarph.jpgクルーセミナーは、2002年8月より生活設計塾クルーが主催し、企画・運営を行っております。「生活設計スキルアップ」に必要な情報を、生活者の視点に立ち、正しくお伝えしていく……それが当社の役割の一つと心得ます。

全国生協連、損保ジャパン日本興亜からは、当社のこのような活動に賛同をお寄せいただき、毎月協賛をいただいております。

ただし、協賛企業の意向によってセミナーの内容が左右されたり、セミナーに参加されるお客様に保険商品等の勧誘を行ったりすることは一切ございません。


協力企業
kyousairenn_logo.gifcluebackwhite.gifsompojapan_logo2.jpg



titlebar_seminartitle.jpg

  タイトル   テーマ   講師   内容
  「原油価格は底を打った」は」本当か?
 逆オイルショック!シェール革命と日本経済への影響

  資産運用、国際情勢

 日本データサイエンス研究所(JDSC)
 主席研究員
 大場紀章氏

2016年6月から始まった原油価格下落。不確実性が高い状況の中、米国が世界最大の産油国に。「エネルギー革命が起きた」と言われたが、現実はどうだったのかを解説。
  「インデックスファンドvs.ETF」
 どっちがおトク?
 効率的な資産形成のためのETF活用術

  資産運用

 クルー
 目黒政明

年々、上場銘柄数が増え、多様な投資ができるようになってきているETF。資産運用の幅が広がり、より効率的な運用が可能になるなど魅力が多い一方で、注意が必要な点もある。ETFを使った賢い運用方法を解説。

  おまかせ保険を見直して、保険料を激安に!
 ~「いる保険」と「いらない保険」の見分け方~

  保障設計  クルー
 内藤眞弓
「保険のことはよく分からない」「たくさん保障が付いていると安心」「貯金ができないから保険で貯める」といった思い込みは多いもの。しかし保険でカバーできる領域には限界があり、保険頼みの生活設計では保険料負担が重くなり将来を危うくしかねない。目安となる保険金額の出し方と自分にあった保険を見つけ方を解説。
 「日本はギリシャと違う」と言い切っていいのか?
 グローバル時代!分散投資に過信は禁物。
 要は「通貨分散」にあり!
  資産運用  前川FP事務所アドバンス
 代表
 前川貢氏

ギリシャ問題、チャイナショックなどの問題が重なり辛抱が必要な投資環境が続く中、資産を守るためには、投資対象の分散にも注意が必要。資産を守るための「通貨分散の極意」を解説。

  来年1月からスタート!
 いま理解しておくべきこととは?
 外貨建てMMF・外債等の税制改正とジュニアNISA

  資産運用

 クルー
 目黒政明

2016年1月から、債券の税制が大きく変わり外国債券と外貨建てMMFが大きな影響を受けることに。さらに、20歳未満を対象としたジュニアNISAの口座開設の受付も開始。これら2つの税制改正について、理解しておくべきことを解説。

 亀井幸一郎の投資環境の風を読む
 ~株、債券、為替(金)波乱の市場環境を考える~
  資産運用、国際情勢、金  クルー
 亀井幸一郎

日米欧ともに通貨のばら撒きは金融経済の安定的な拡大を目的に実行されているもの。狙い通り一定の平穏がもたらされてきたが、2015年8月以降、中国を筆頭に大物新興国の変調が世界経済の不安要素となり、市場は再び不安定な状況に。この先の株や債券、金価格などの市場環境はどうなっていくのか、金融政策を切り口に考える。

  「知っておけば良かった」と
 後悔しないための知識満載!
 サラリーマン家庭でも知っておきたい
 今、話題の相続・贈与の基礎知識
  相続
 税理士
 福田真弓氏

2015年1月から相続税が改正され、資産家層にしか縁のなかった相続税が都市部にマイホームを持つ中間層にも影響することに。実際に相続が発生してから「準備しておけば良かった」と後悔しないために、相続税の知識に加え、生前贈与についても解説。

 水害・地震で家計を破たんさせない保険の入り方
 ~本当に必要な保険はこれだ!~
  保障設計  クルー
 清水香

地震や水害等の自然災害では、住宅等に大きな損害を被って生活再建が進まないケースも少なくない。子どもや認知症の親が誰かに損害を与えてしまうこともあり、子どもや親に責任能力がなければ、その責任を負うことになるリスクもある。こうした暮しのリスクに関する素朴な疑問や勘違いを解き明かし、わが家に本当に必要な保険、適切な備え方についてわかりやすく解説。

  2ヶ月連続住宅ローンセミナー第1弾「新規借入編」
 安心でおトクな住宅ローンの借り方!
  住宅ローン  クルー
 深田晶恵

「老後に負担を残さない住宅ローンの組み方」を中心に、最近増えている共働き夫婦が無理なく返済できるローンの組み方のコツについても解説。

  2ヶ月連続住宅ローンセミナー第2弾「見直し編」
 住宅ローンの借り換え、
 見直しのビッグチャンス到来!
  住宅ローン  クルー
 深田晶恵

住宅ローン金利が史上最低の水準となる中、見直しのビッグチャンスが到来。利息軽減を図る「借り換え」のポイントと、わが家の暮らしにあったローン見直し術を解説。

 今の働き方が将来の年金をつくる
 「早く知っておけばよかった」とならないために
 現役世代こそ、知っておきたい年金の話
  公的年金
 社会保険労務士法人日本人事 代表
 特定社会保険労務士
 山本喜一氏

「年金ってもう破たんしてるんでしょ」「どうせ年金はアテにならないし」など、公的年金の話題はネガティブになりがちなもの。しかし、不完全な情報をもとに生活設計を立てるのは百害あって一利なし。公的年金の「ホントのところ」を解説。

 キャッシュフロー表を使って、
 家計の危機を早めにキャッチ
 死亡保障の見積もりや
 適切なマイホーム購入時期の確認も
 わが家の10年後の貯蓄額を予想しよう
  家計管理
 クルー
 浅田里花

ファイナンシャル・プランニングに使う「キャッシュフロー表」は、前年の家計収支をもとに今年以降の家計収支を、将来のライフプランを織り込みながら将来予測するもの。必要な時期に資金が準備できるか、老後に不安は残らないかなどがチェックできる。これをもとに早めに危機をキャッチすれば、手の打ちようがなくなる前に対策が立てられるほか、安心していい死亡保障額の見積もりや、マイホーム購入資金が十分準備できる時期と適切な予算額の試算を行うこともできる。具体的な作成法などを解説。

mailaddress_foambutton.jpgmailaddress_foambutton.jpg