seminarbigbanner175.jpg


自分になんの落ち度がないにもかかわらず、地震や水害で住まいを失ったらー。そのときは国や自治体がなんとかしてくれると考える人が多いようです。ところがわが国では、災害で失われた住宅の再建や住まいの確保は自助や共助が基本とされ、公的支援はそれを側面的に支援するものと位置づけられています。暮らしに甚大なダメージを与える災害リスクでも、自力で対応することが求められているのです。

今回は、国による支援の基本スタンスを確認しつつ、昨今の自然災害や、さらには話題となった賠償事故などの具体的な事例を取り上げ、私たちの暮らしのリスクに関する素朴な疑問や勘違いを解き明かしていきます。そのうえでわが家に本当に必要な保険、そして適切な備え方についてわかりやすくお話しいたします。タイムリーな内容で、他では聞けない内容が盛りだくさん。講師は、20年以上にわたり生・損保業界及び商品をウォッチしてきた生活設計塾クルーの清水香がつとめます。奮ってご参加ください。




titlebar_clueseminarcontents.jpg

  • 1.内閣府で災害に備える保険の加入促進についての検討会が発足~自力再建が求められる方向性
  • 2.2017年、地震保険改定。保険料が上がる「意味」とは?
  • 3.新潟県糸魚川市の大規模火による被害、誰がどう補償するのか
  • 4.実家の火災保険が役立たない!空き家となった実家放置は危険!~実家問題で破たんしないために
  • 5.認知症700万人時代へ~家族の損害賠償を保険でカバーする


titlebar_lecturer.jpg

shimizu3.jpg
清水 香(しみず・かおり)ファイナンシャルプランナー・生活設計塾クルー取締役

1968年東京生まれ。CFP®認定者。FP1級技能士。中央大学在学中より生損保代理店業務に携わるかたわら、ファイナンシャルプランニング業務を開始。2001年、独立系FPとしてフリーランスに転身。2002年、(株)生活設計塾クルー取締役に就任、現在に至る。一般生活者向けの相談業務のほか、執筆、企業・自治体・生活協同組合等での講演なども幅広く展開、TV出演も多数。
財務省“地震保険制度に関するプロジェクトチーム”委員。近著に「あなたにとって『本当に必要な保険』(講談社)」「地震保険はこうして決めなさい(ダイヤモンド社)」等。



【日時】
2017年4月14日 (金)18:30〜20:30

【場所】
 中野サンプラザ 8F研修室(JR中野駅北口徒歩2分) LinkIcon会場へのアクセスはこちら

【参加費】
1,000円(税込):当日、受付けにてお支払いいただきます。


※次回以降のクルーセミナー開催のご案内を希望される方は、LinkIconこちらからメールアドレスをご登録ください。
※クルーセミナーの企画意図や過去の開催実績についてはLinkIconこちらをご覧ください。


seminar_foambutton.jpgseminar_foambutton.jpg

主催/生活設計塾クルー   協力/全国生活協同組合連合会 損害保険ジャパン日本興亜